スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ほんの少し映画
テレビが壊れているため、ノートパソコンで見る。

ゴールデンスランバー
原作未読。原作は近未来設定らしい。
もうちょっと近未来の雰囲気を出せば、
リアリティがないとか叩かれることもなかった
かもしれない。
何がなんだか分からないけど、逃げるしかない
一小市民の逃亡劇という枠で話が動くが、
実際は人と人との繋がりを説くヒューマンドラマ。
たまに笑えるところもあって、
2時間以上の映画をメリハリある構成になっていた。
個人的にはなかなか面白かった。

しかし冒頭のシーン、個人的にはあの伏線の
張り方は好きじゃない。
ネタバレ気味だが・・・
真犯人発見とか、国家の陰謀を暴くという
分かりやすい爽快感がない作品なので、
最初と最後をつなげるという伏線をはって、
アハ体験的爽快感を与えようとしたのかも知れないが、
最初のシーンがどうも蛇足な気がする。
十分面白かったのだが。

フィッシュストーリー
悔しいのだが、結構きた。ホラ話のくせに生意気な。
見たときの気分に非常に合っていたのだろう。
ほんの少し、自分に希望を持てる。
恥ずかしい奴。

曲がれスプーン
久しぶりの長澤まさみ。
やっぱり可愛い。たまらん。
本妻は君しかいないよ。ハァハァ。
正直最初と最後がかなり間延びしていて、
100分ちょいの映画とは思えなかったが、
サマータイムマシンブルースや、UDON
を見ていたら、小ネタ拾いで時間を潰せるし、
私はまさみを見ているだけでも満足だ。
最初と最後はさておき、中盤は何度も笑わせてもらった。
この手のコメディだと三谷幸喜が強すぎるが、
またこういうのを作ってみて欲しい。
スポンサーサイト
【2012/09/08 14:59 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<もうすぐ発表 | ホーム | 映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。